スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

止血法

 2008-06-11
止血法
(1)止血の重要性
 人間の全血液量は1㎏あたり約70~80mℓで、一時にその3分の1以上が出血すると意識が無くなり生命に危機が及びます。
 傷口からの大量出血は直ちに止血しなければなりません。

(2)出血の観察・判断と対応
 傷口を観察して出血の部位と程度を確認します。
 真っ赤な血液が勢いよく噴出しているとき(動脈)や、赤黒い血液が大量に流れ出している
場合(静脈)には、大出血と判断して直ちに止血を行い血液の喪失を防ぎます。

出血の観察・判断と対応のポイント
 ①傷口の場所と出血の程度をすばやく確認
  衣類が血でにじんでいるときは、そっと取り除いて確認します。
 ②動脈性出血か静脈製出血かを確認
  鮮紅色の血液が吹き出るのは動脈性出血で、単に傷口を圧迫するだけでなく、
  間接圧迫止血法(傷口より心臓に近いところで動脈を指で圧迫する止血法)の併用が
  効果的です。
 ③腕の骨折で約300 mℓの内出血があります。骨折などによる内出血量も併せて出血量
  を推定します。
 ④出血が成人で1,500 mℓを越えると意識が混濁してきます。出血による状態変化の
  把握をすることも重要です。

(3)傷口の圧迫(直接圧迫止血法)
 ①傷口の場所や種類に関係なく最も有効な初期止血法です。
 ②傷口にはー是、ハンカチ、タオルなどを当て、その上から手のひらで押さえます。(図40)
  圧迫は止血するまで続けますが、じわじわ染み出すような出血が続くときには
  包帯や布を利用して圧迫を継続します。
 ③噴出する出血では、手ですばやく直接圧迫して、それでも出血が止まらない場合
  時を見て止血帯法を併用します。
名称未設定 1


(4)包帯や布の利用
 手や足など包帯が巻ける部位の傷口では、ガーゼやハンカチの上から包帯、三角巾、タオル
 などで巻いて圧迫を続けます。あまりに強く巻き過ぎないように注意してください。(図41)

名称未設定 2


(5)止血帯(止血帯法)
 ①止血帯法は、上肢や下肢の傷で傷口が大きく圧迫止血法では止血できないと判断したとき
  に有効です。
 ②止血帯としては、幅5cmくらいの物(包帯、ネクタイはそのまま、三角巾、スカーフやタオル
  は5cm幅にたたんで)を用います。
 ③傷口より心臓に近い部分に止血帯を固く2重に巻いて半結びにし、次いでスパナや固い棒
  などを結び目の下に差し込みます。(図42)
名称未設定 3

 ④スパナや棒を回して、出血が止まるまで止血帯を締め上げて固定します。(図43)
 ⑤止血帯を締めると、そこから先へまったく血液が流れなくなりますので、30分に1回
  はゆるめて血液を流す
必要があります。誰にでもわかるように、止血帯を巻いた
時間を明示しておきます。(図44)
名称未設定 4

 ⑥紐や針金のような細いものを止血帯として使用すると、皮下組織、神経、血管などを
  傷つけますので用いてはいけません。(図45)
名称未設定 5

(6)頭部、顔面の止血
 ①頭部、顔面は血管が豊富なので、比較的小さな傷口からも大量に出血することがありますが、
  下が骨で圧迫しやすいので、傷口の直接圧迫が効果的です。頭部が大きく裂けていても
  ガーゼ、ハンカチで強く圧迫していれば出血は止まります(図46)
名称未設定 6

 ②口の中から出血があるときには、顔を横に向けて血液を外に出やすくして、誤って飲み
  込んで窒息しないように注意します。
 ③頭の外傷で耳や鼻から出血している場合には、ものを詰めて止血してはいけません。
  できる限り医療機関へ搬送してください。

(7)効果的な止血法の留意事項
 傷口からの出血は、傷口を心臓よりも高くするとやや少なくなります。
 特に上肢・下肢の圧迫止血では、上肢・下肢をあげることにより止血はより効果的になります。


スポンサーサイト
タグ :
コメント
とっても勉強になりますね。
私はレスキューダイバーになる時にMFAという講習で習ったんですがすっかり忘れているかも・・・・
まなぼ~もアドバンス仕上げてレスキュー目指してみる?
【2008/06/17 14:12】 | T-Ray #- | [edit]
500本潜ったら考えます♪
は、EOさんの名言♪

昨年、自動車免許を再取得しまして、
そのとき応急救護の講習をしました。
そのときの教科書なのですが・・・
為になることだし、少しでもこの知識は知っているひとが増えたほうがいいはずなので
がんばってワープロ打ちしています!だるいっす!
でも常に見て復習したいですからね♪
レスキューは欲しいですね~
【2008/06/17 18:17】 | まなぼー! #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://syakotandiving.blog106.fc2.com/tb.php/60-f7700568

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。