スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

チャレンジ!

 2008-05-30
ガチャピン!ヤリ過ぎ!

スポンサーサイト
タグ :

Let'sボランティア!

 2008-05-29
第12回 「千歳川・かわ塾」~春プログラム




《体験学習型プログラムを通して、地域のアイデンティティを喚起し、環境面における問題意識を深め、流域全般の環境に精通した人材を育成する。》という目的で年(春・夏・秋・冬)4回行われているプログラム。

北海道の大地にもともと存在し、たゆむことなく流れ続けている川
人は川の恩恵を受け、肥沃な大地からの恵を収穫し生活の糧としてきた。
昨今では上下水道が完備され、全国の河川は本来の表情を保ち、今も流れ続けている。

いつの頃からだろうか。

僕たちは『川はきけん!』 『川に近寄るな!』 と教育され、
近くて遠い存在にされてきた。
にもかかわらず、立ち入り防止柵は粗末なもので、子供たちから遠ざけるにはあまりに無防備で
危ないから近寄るなと言うだけで川の持つ本当の表情・そこに潜む危険を教えず、
『地域環境から子供たちを守る』という大人の責任を放棄し続けているように感じるのは僕だけだろうか。

かつての子供たちは川で泳いだり、生き物を獲ったり、川と上手く付き合い育ってきたと聞く。
そしてたくましく育ち、年上は年下を助け思いやり、人として重要な心を育てることができたのだと思う。
そこには地域住民、大人たちの見守るという教育環境があったからだと僕は思う。


5月の下旬、雪代の残る恵庭市漁川で当時の子供たちが今の子供たちに自分を育ててくれた大切な物を伝えようと身体を張った体当たりの遊びを通じた学習プログラム『かわ塾』に参加してきた。


FL0000190023.jpg

河原を散策し、ゴミ拾い。

FL0000200022.jpg

沢山のゴミが集まり、環境問題を肌で感じた子供たちはこの状況をどう考えていくのだろう。
少しでもゴミに対する責任を考えるように育っていって欲しいと思う。


FL0000220020.jpg

川は危険なことは間違いない。
ただ、危険を認識して安全対策を怠らなければいいだけの話。


FL0000230019.jpg

川に潜む危険。
そして魅力を教える。
子供たちの表情は引き締まり
ワクワクする気持ちに目は活き活きとしている。
僕はこの目に魅了される。

FL0000250017.jpg

上流より撮影

下流には万が一に備えてウェーダー・ドライスーツ・ウエットスーツに身を包んだ大人たちがスタンバってる^^
子供たちを危険から責任をもって守るとはこういうこと。

もう一度この写真を見て欲しい。
190001.jpg

この少年の表情♪
川の圧倒的な力を肌で感じ、自分の力を再確認し成長していって欲しいと思う。

この下流では川の流れを必死にこらえて立つ大人たちのガード網が3重4重にも^^

風邪はひくかもね。
熱も出るかもね。
それは冷たい川に入ったから。
大人にとっては当然のことも経験から学んできたこと。

経験・学習してみんな成長していくものだと思います。
経験の差は大人になってふとした時に人間力の差となって現れますよね?
そんな経験ありませんか?
タグ :

山んなかのアスレチック遊び

 2008-05-25
山の中に点在する丸太とロープで出来た遊具。
コレがケッコーな体力を使う。

子供たちには大人気のアミューズメント。

当然、子供の心を持った大人たちにも大人気のアミューズメント!

山ん中に点在する遊具。歩くだけでも健康的だよ。


でもぶっちゃけ5つでいい・・・

ターザンロープだけでイイ。


山から出てきてBBQ!
肉や魚、途中で採った竹の子を網の上に並べて。野菜はダッヂオーブンで。
うまいのは当たり前。

始めましての人ばかりで新鮮な話が聞けて超充実!

25mの高さから海に飛び込める女の子に興味津々。

う~~ん、世の中には魅力的な人がたくさんいるなぁ~
出会いのたびに思う。


そして帰りに温泉。
北広島の『森の里』っていう温泉。

この辺じゃ珍しいコーラみたいな色したモール温泉で、
施設は新しいし、露天風呂からの眺めはいいし
小上がりでぽけ~っとして

まだ明るいうちに別れを惜しみながらも解散。

家に帰ってキングとお風呂に入って
買出しに行って
濃ゆ~い一日となりました。
タグ :

上手くできなくたっていい

 2008-05-19
好きなことするのに

上手にできなくたっていいと思う

黙々と

好きだからやり続けられる

そんな好きなものがある


それってもしかしたら、贅沢なことなのかもしれない。

タグ :

黄金のタマタマ

 2008-05-08
滝上の芝桜の次に向かったのは紋別

だって近いから。
ただそれだけの理由です。

そう。この旅はノープラン!

実は2年ほど住んだことがある紋別。
風がもの凄く、寒い。

よって素通り。

サロマ湖。素通り。

網走。素通り。

女満別で就寝。。。

朝っぱら大空町(旧東藻琴村)の芝桜を素通り。



そしてココ。

DSCF02.jpg


屈斜路湖の川湯温泉に入りたい!

どうせなら立派で綺麗なところ!

ってことで温泉街をぐ~るぐる

で、

ここだ!ってとこ発見!!


温泉浪漫の宿湯の閣ホームページ

露天風呂を満喫♪

仕事でも来よう。




上で予約すれば予算内♪

いつも思うが、直接より楽天を利用したほうが安いのはなぜだ?



今回は日帰り温泉のみ♪


で、さっぱりしたところで

向かったのは


DSCF03.jpg


湖はどうした!

白鳥もキコキコ泳いでるだろ!

ほら、ここ掘れワンワンで温泉を掘れ!





キングレポーターの目には魅惑の黄金のタマタマが。。。。






DSCF04.jpg



釘付けです。



中のジャガイモをひと欠けもらって上機嫌なキングレポーター。



で、次はお隣の湖 『摩周湖』へ


霧の摩周湖。


DSCF05.jpg


おかしいねぇ。


ここでタイムア~ップ!

一路札幌に向かって380km。。。

遠かった~~~
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。